moaiの音楽部屋

好きなアーティストのアルバムレビューやライブの感想など

Mr.Children『Atomic Heart』レビュー

Mr.Children 『Atomic Heart』

f:id:moaiblog:20210620181017p:plain


データ

1994年9月1日発売

累計売上3,429,650枚

登場96週

 

作品概要

前作『Versus』から1年ぶりのアルバム。発売時は邦楽アルバム歴代最高売上を記録し、自身の最大のヒットアルバムとなっている。小林武史は、本作から方向性が恋愛路線から精神論へと変化してきたことを指摘している。

ジャケットブルーバックに白文字で「Mr.Children・Atomic Heart」と小さく表記されているのみ。初回限定盤はブルーのプラスチックスリーブに水色のカラーCDケースが収納されている仕様であり、歌詞カードの表紙は表記のない水色の無地。初めてインストゥルメンタルが収録された作品で、本作以降Mr.Childrenの全作品で公式にインストゥルメンタルは斜体文字で表記されている。Mr.Childrenのアルバムでは最もシングルカットされた曲(カップリング曲やリミックスバージョンを含む)とベストアルバムに収録された曲が多い作品でもある。

 

収録曲

①Printing

②Dance Dance Dance

③ラヴ コネクション

innocent world

⑤クラスメイト

CROSS ROAD

⑦ジェラシー

⑧Asia (エイジア)

⑨Rain

⑩雨のち晴れ

⑪Round About ~孤独の肖像~

⑫Over

※④5thシングル、⑥4thシングル

 

総評

1stから3rdまでの「爽やかな渋谷系ポップバンド」路線から完全に脱却し、Mr.Childrenを国民的モンスターバンドへ押し上げた4th。収録曲数こそインストゥルメンタル2曲を除くと前作と変わらない10曲であるが、その楽曲の幅広さこそこのアルバムの肝であろう。

具体的には、まずお茶の間まで浸透しMr.Childrenの名を世に知らしめた大ヒットシングル④⑥、デビューからライブの舞台としていたライブハウスやホールを超え、より大きなステージ(武道館、ドーム、スタジアム...)での演奏を目論んだキラーチューン②③⑪、これまでの路線を受け継ぐポップソング⑤⑫、そしてサウンドやアレンジ含め明らかに実験作の試みとして作られたであろう⑦⑧⑩...といった具合だ。

本アルバム制作の様子は書籍『【es】 Mr.Children in 370 DAYS』に生々しく記されているが、小林を含めた彼ら自身が「『CROSS ROAD』『innocent world』を当てたグループ」だけでは終わりたくなかったからこそ、所謂「売れ線」の楽曲ばかり並んだアルバムにしたくなかったのだろう。 

 

es(エス)―Mr.Children in 370 DAYS | MR.CHILDREN, 信昭, 小貫 |本 | 通販 | Amazon

 

『Atomic Heart』というタイトルは、初期から桜井が描いてきたセンチメンタルな青春の恋愛、そして大ブレイクにより当時のバンドを取り巻いていた熱狂的なムードまでも客観的に分析しているかのような、どこか無機質で哲学的な雰囲気を象徴しているのではないだろうか。

 

評価

★★★★★★★★★☆(9点/10点中)

Mr.Children 『Versus』レビュー

Mr.Children 『Versus』

Versus

データ

1993年9月1日発売

累計売上802,140枚

登場105週

 

作品概要

 前作『Kind of Love』から約9ヶ月ぶりのアルバム。

アルバムタイトルは、前作の流れを継ぐポップな曲と、セッション主体で作られたバンドサウンドの曲が対(Versus)になるように約半分ずつ収録されていることに由来する。また、バンドとして初めのニューヨークのウォーター・フロント・スタジオでもレコーディングが行われた。オリコンチャートでは初登場3位で自身初のトップ3入りを果たし、累計売上は約80万枚を記録するスマッシュヒットを記録。

初回限定盤はクリアスリーブにCDケースと大型歌詞カードが収められており、上部に「LIMITED EDITION SEE THROUGH DUST COVER」と書かれている。写真はスリーブに印刷され、下のディスクが透けて見える仕様となっている。

 

収録曲

①Another Mind

②メインストリートに行こう

③and i close to you

Replay

⑤マーマレッド・キッス

⑥蜃気楼

⑦逃亡者

⑧LOVE

⑨さよならは夢の中へ

⑩my life

※④3rdングル

 

総評

 2ndアルバム『Kind of Love』がやや桜井のソロアルバム寄りの作りになってしまったことを反省してか、ポップな曲とバンド色の強い曲を半分ずつ収めた3rdアルバム。タイトルには、「暗」な曲が奇数、「明」な曲が偶数に収録されていることにも由来しているという。

TVCMソングにもタイアップされたキャッチーなサビが印象的な3rdシングル④やベストアルバムにも収録されファン人気も高い⑧⑩を除くと、やや地味な楽曲が並ぶためどうしてもアルバムとしての存在感は薄いのが正直な感想。それでも、これまでの歌詞には見られなかった内省的なリリックが強烈な①などには、既に『深海』の桜井が垣間見れる点は見逃せない。

このアルバム後にリリースされる自身初のミリオンヒット作『CROSS ROAD』を境に国民的スターダムへとのし上がっていくミスチルであるが、今作は言わば「蝶になり羽ばたく前のサナギ」状態のバンドを映し出した立ち位置の作品である。

 

評価

★★★★★★☆☆☆☆(6点/10点中)

Mr.Children『Kind of Love』レビュー

Mr.Children 『Kind of Love』

KIND OF LOVE

データ

1992年12月1日発売

最高13位

累計売上1,179,780

登場159週

 

作品概要

 

前作『EVERYTHING』から約7ヶ月ぶりというスパンでリリースされた2ndアルバム。 

新宿ヒルトンホテルのスイートルーム2部屋を10日間も借し切り、シンセサイザーMacintosh Quadraを持ち込み、当時最先端だったハードディスク・レコーディングを小林武史桜井和寿の2人のみで行った。ギターやベースはアンプを通さず直接コンピュータに繋いで録音し、ドラムだけは別途スタジオで録音した。まず桜井と小林が2人で曲の構成を練り上げ、出来上がった曲をメンバーに渡すと再び部屋にこもるのを繰り返した後、後からバンドが参加するという流れでレコーディングが行われた。そのため作詞や作曲のクレジットに小林が入っているものが多くなっている。                      小林のコンセプトは「少年時代にクラシックピアノの先生に習ったコード進行や旋律にアレンジすることで、人間の様々な感情を表現できて、その時に味わった宇宙感を桜井にも味わせたい」という願望があった。

前作のアルバムタイトルが「何よりも大切なもの」という意味だったことから、Mr.Childrenにとって大切なものは「愛」ではないかという理由で「Love」が浮かんだが、当時の彼らには少し重い言葉だったため「愛のようなもの」(色々な愛)を意味する同タイトルに決まった。

初回限定盤は三方背スリーブケースに、CDトレイはスリムケース仕様の別ジャケット、大型歌詞カードが収められており、現在は入手困難。

 

収録曲

①虹の彼方へ

②All by myself

③BLUE

抱きしめたい

⑤グッバイ・マイ・グルーミーデイズ

⑥Distance

⑦車の中でかくれてキスをしよう

⑧思春期の夏 〜君との恋が今も牧場に〜

⑨星になれたら

ティーンエイジ・ドリーム(I〜II)

⑪いつの日にか二人で

※④2ndシングル

 

総評

デビューアルバムと同年にリリースされた、2ndアルバム。曲作りは桜井と小林の2人だけで行うという、桜井のソロアルバムのような体制で制作された。

イントロからして爽やかなポップソング①で幕を開けるが、その後はアルバムタイトルの通り様々なシチュエーションによるラブソングが並ぶ。今なおファン人気の高いラブバラード④、彼らのアマチュア時代から存在する⑦、寺岡呼人との共作で作られた⑨などは、間違いなく名曲。他にも、スイートソウル風なナンバー③やドラム・鈴木がボーカルを務めた牧歌的ラブソング⑧など、バラエティに富んだ楽曲が続く。

売り上げも『CROSS ROAD』でのブレイク後にジワジワと伸ばし、ミリオンを突破している。「初期の傑作」というキャッチコピーが相応しい、名盤である。

 

評価

★★★★★★★☆☆☆(7点/10点中)

Mr.Children 『EVERYTHING』レビュー

Mr.Children 『EVERYTHING』

EVERYTHING

データ

1992年5月10日発売

最高25位

累計売上45,1440枚

登場83週

 

作品概要

Mr.Childrenの記念すべきメジャーデビュー作品。「ミニアルバム」と「フルアルバム」は区別されることが多いがMr.Childrenは公式にミニアルバムである本作を1stアルバムと位置付けている。

1991年の後半に音楽プロデューサー・小林武史と初対面し、同年12月からサウンドスカイ・スタジオとスターシップ・スタジオにてレコーディングを開始。タイトル「EVERYTHING」は何より大切なものといった意味で、「本作を聞いた人の大切な1枚になって欲しい」という桜井の想いが込められている。

全曲アマチュア時代からのライブレパートリーで、本作へ収録するにあたり小林がストリングスなどのアレンジを加えた他アドバイスによって桜井は歌詞を一部変更した。また、予算の関係か本作は生のストリングスが一切使われていない。当時は無名だったこともあり最高順位は25位とあまり高くなかったが、ブレイク後に売り上げを大きく伸ばし最終的に40万枚以上の売上を記録している。

 

収録曲

①ロード・アイ・ミス・ユー

②Mr. Shining Moon

君がいた夏

④風~The wind knows how I feel~

⑤ためいきの日曜日

⑥友達のままで

⑦CHILDREN’S WORLD

※③後に1st シングルとシングルカット

 

総評

Mr.Childrenの歴史の始まりを告げるデビュー作である。と言っても、「ファースト・アルバムにして名盤」といった趣とは程遠く、初めてミスチルを聴くリスナーには本作から手を出すことはあまりおススメしない。ちなみに、後の大ヒットソング『Everything(It's you)』とタイトルを混同しがちだが、大文字表記の場合が今作、と覚えておくと良いかも。

一般的に知名度のある収録曲は後にシングル・カットされベスト盤にも収録された以外は少なく、彼らのライブでも演奏される機会はほとんどない。2015年のスタジアム・ツアー『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』でが披露された際はファンの間で大きな話題となった程だ。

ただ、決してクオリティが低いなんてことは決してなく、恋の終わりを切なく憐れむ①、胸の詰まるような片想いを歌う②⑤、バンド名の通り少年の心を描いたような爽やかなポップソング④⑦など、しっかりと聴けば聴くほど良曲揃いだと気づかされる作品集。

 

評価

★★★★★☆☆☆☆☆(5点/10点) 

 

 

 

 

 

 

 

好きな音楽の遍歴を語ってみる

このたび音楽に関するブログを始めるにあたり、先ずは自分の好きな音楽(アーティスト)の遍歴を綴ってみる。

 

①小学生時代(2002年~2007年)

初めて「好きなアーティスト」として音楽を聴き始めたのは、間違いなくORANGE RANGEだった。というか、当時は彼らの曲しか聴いていなかった気がする。

初めて『花』をTVで聴いた時の衝撃は今でも覚えている。3ボーカルによる華やかさ、キャッチーなメロディー、小学生の自分にとって分かりやすいと同時に意味不明さも狂人している歌詞。全ての要素がツボにはまった。

 

ちなみに、この『花』も収録されている超メガ・ヒットアルバム『musiQ』は250万枚以上を売り上げた。実際、当時同級生の多くがCDで聴いていたし、『シティボーイ』や『祭男爵』などのアルバム曲まで誰もが口ずさんでいた。周りの人たちと「好きな音楽を共有する」という経験も、初めての経験だったと思う。

 

以降も『*~アスタリスク~』『お願い!セニョリータ』『ラブ・パレード』『キズナ』『チャンピオーネ』...と彼らの新曲が出る度にTVで放映される歌番組に胸を躍らせながら字幕で流れる歌詞をノートに書き取っていた。

 

 

www.youtube.com

 

②中学生時代(2008年~2010年)

 中学生になって直後、両親に待望のiPod nanoを買って貰った。サブスク全盛期の今でこそスマホで音楽を聴くのが当たり前になっているが、当時はiPodウォークマンをはじめとする音楽プレイヤーが主流だったのだ。中学生になるまではCDをレンタル→カセットにダビング→カセットプレイヤーで聴いていた。今思うと、何とも面倒な作業である。つくづく便利な時代になったものだと思う。

 

相変わらず狂ったようにORANGE RANGEばかり聴いていたが、上述のようにiPodを入手し、音楽を聴く選択肢が広がったことで、GReeeeNFUNKY MONKEY BABYSAqua Timezなど複数のアーティストを好んで聴くようになった。

 

親からお小遣いを貰えるようになったのもちょうどこの頃で、GReeeeNのアルバム『塩、コショウ』は発売日を楽しみにしながら初めて自分で購入したCDとして思い出深い。以降も、毎週のようにCDショップに足を運び、お気に入りのアーティストのアルバムは予約して購入した。

 

www.youtube.com

 

③高校生時代(2011年~2013年)

正確には中学3年生の春頃だったように思うが、TVで流れてきた『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』がMr.Childrenとの出会いだった。当時から起算しても20年ほど前にリリースされた曲ではあったが、何故か懐かしい感じがあり、すぐにYouTubeで本家のバージョンを聴いた。これは後に両親に聞いた話だが、自分がまだ母親のお腹にいる頃によく聴いていた曲だったそうだ。そんなファンタジーみたいな話があるのか、とも思うが、何かに吸い込まれるようにミスチルに嵌ったのはあながちこのエピソードが理由なのかもしれない。

 

翌日、急いでベスト盤(『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2001』)を買い、オリジナル・アルバムもBOOK OFFで買い漁った。精神的な成長も影響したのか、次第にミスチル中心の音楽鑑賞スタイルになっていった。

 

また、ミスチルをきっかけに「バンド」形態のアーティストがマイブームになり、BUMP OF CHICKENRADWIMPSflumpoolといったバンドのアルバムも収集した。

 

 

www.youtube.com

 

 

④大学生時代(2014年~2017年)

中学生の終わりから数年間続いてきたミスチル熱も徐々に落ち着き、次にリスニングの中心になったバンドがBase Ball Bearだった。

 

小出祐介の描くボーイ・ミーツ・ガール的世界観ににどっぷりと浸り、ライブツアーが開催される度に足を運んだ。アルバイトと大学を行き来する生活に退屈していた当時の自分にとって、「青春」を主題とするベボベの楽曲は中学・高校の楽しかった学生生活の日々を思い出させた。

 

また、小出祐介の人となりにも興味を持った。原因不明の壮絶ないじめ(いやがらせ?)を受けバスケ部を退部した学生時代の経験や、アイドル・特撮・ホラーなど幅広いサブカル分野への幅広い知識を持つ小出のトークは本当に面白く、永遠に聞いていられる。Base Ball Bearのライヴも、半分はMCを楽しみに足を運んでいると言い切って良い程だ。

 

www.youtube.com

 

⑤社会人~現在(2018年~)

 紆余曲折あった就職活動を無事に終え、社会人生活に染まっていく中で出会ったのが、SUPERCARだ。ただ、自分がこのバンドにハマるのも必然だったのかもしれない。というのも、Base Ball Bearの小出は紛れもなくSUPERCARのファンであり、Base Ball Bear結成のきっかけとなったのは彼らが学園祭で出演したSUPERCARコピーバンド(演奏した楽曲は不明)だからである。その影響はBase Ball Bearの後の作品にもに如実に出ており、アルバム『二十九歳』1曲目の『何才』なんかはモロにSUPERCARの代表『cream soda』へのオマージュだったりする。

 

SUPERCARの魅力はまた別の機会に詳しく語りたいと思うのでここでは省くが、「今一番好きなアーティストは?」という質問をされたら、僕は間違いなくSUPERCARと答えるだろう。と言っても、彼らは2005年に解散したバンドであり、活動期間もたった8年ほどで、知名度もほとんど無い。「何となく気になるので聴いてみよう」という思い付きで簡単に未知のアーティストと出会うことのできるサブスクはやはり偉大だ。もっともっと早く知りたかったバンドである。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

総括

以上、簡単ではあるが自分の好きな音楽の遍歴を振り返ってみた。ただの自分語りになってしまった感は否めないが、自己紹介として多めに見て頂ければ幸いである。

 

勿論、今回載せきれなかったお気に入りのグループは多数いるし、サブスクを用いることでこれからも様々な未知の音楽を開拓していきたいと思っている。